脳内プラスチック化計劃 BYリモコン下駄夫

考えたこと・映画やアニメ・本・音楽の感想や、心に残った言葉などを、無節操に書いていくブログです! 現在の一日のアクセス数は650前後 総アクセス数は10万突破!

麒麟・田村裕著 ホームレス中学生 感想!

こんにちは!

 

今回は、一時期すごく話題になった麒麟・田村裕著「ホームレス中学生」の感想です。

 

ホームレス中学生 (幻冬舎よしもと文庫)

ホームレス中学生 (幻冬舎よしもと文庫)

 

 

一言で言えば、「壮絶」ですね。

 

ホームレスの期間はわりとあっさり終わりますが、むしろそのあとの極貧生活のほうが心にくるものがありますね。

 

24時間腹が減っている状態が続く。何かを食べている時以外は腹が減っている」とか。

 

「ずっと空腹」って嫌ですよねえ。

腹が減っていると、情けない気持ちになりますしね・・・。

 

また米を咀嚼し続けることで到達できる「味の向こう側」のエピソードとか。

 

「ええ・・・」て感じですけど、彼らにとってはそれが現実なわけで。

うーん、空腹ってすごい!(笑)

 

またこの本の中では、田村さんが重度のマザコンであることも語られます(本人も認めている)。

 

 

その最愛の母親が死んでしまう場面は、涙が出てしまいましたね。

 

その母親がなくなってしまったせいで、もう生に意味を見いだせなくなった田村少年が出会う、地域の優しい人たちとのエピソードには心が温まります。

 

「壮絶な半生。だけどあきらめなけらば助けている人は現れる!」

そんなこの世界への希望を抱かせてくれる一冊でした。

 

 

 

 

 

まあでも、いまさら読まなくても別にいいと思いますけどね(笑)