ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数20万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

ジャンルとしては卓球映画だけど、これは卓球映画じゃない。ラブコメだ 映画「ミックス。」 感想

こんにちは!

 

今回は映画「ミックス」の感想です。

監督 石川淳一 脚本 古沢良太 出演者 新垣結衣 瑛太 広末涼子 瀬戸康史 永野芽郁

 

タイトルにもしましたが、 「ジャンルとしては卓球映画だけど、これは卓球映画じゃない」というのが一番の感想ですね。

 

卓球映画ってけっこうあるんですよ。

「卓球温泉」とか、自分のオールタイムベストの一本「ピンポン」とか。

 

卓球温泉 [VHS]

卓球温泉 [VHS]

 

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

で、卓球映画って割とはずれなしなところがあって、この「ミックス」も面白かったです。

 

メインも脇もキャストがすごく豪華でしたし(ダサいお母さん役の真木きょう子、チームナックスの森崎、サイコパスなヤベー奴・瀬戸康史、なぜか中国人役の蒼井優笑)、必要な情報が小気味よく提供される(幼少期とか)脚本はさすが!

 

 

お話としては、イケメン彼氏を取られた女(新垣結衣・最初っからゲロを吐く笑)とずんどこ人生な男(瑛太)が出会い、卓球を通じて、すれ違いながらも愛を深めていく、というお話。

 

スピーディーな演出で、適度にギャグが入っており、見やすかったし、面白かったです。

ブコメ映画としてね。

 

なんというのかなあ、卓球が題材の映画なのに、全然卓球シーンに力が入っていない。

 

卓球の教え方の教科書

卓球の教え方の教科書

 

卓球シーンのおざなりさがすごい。 

 

だから、試合シーンが全然白熱しない。

 

ブチブチ切れるし。

 

まあ結論としては、ブコメ映画としては面白いんじゃないでしょうかね。

 

はい。

 

卓球映画ではないです。

 

はい。