ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数20万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

竹野内豊と坂口健太郎の親子関係がアツい! 映画「at home」 感想 万引き家族じゃないよ!(笑)

こんにちは!

 

今回は映画「at home」の感想です。

 監督 蝶野博 脚本 安倍照雄 出演者 竹野内豊 松雪泰子 坂口健太郎

 

まず、この映画のあらすじをご紹介します。

 その一家は、どこにでもある普通に幸せそうなファミリーだった。

が、父・和彦(竹野内豊)は空き巣泥棒、母・皐月(松雪泰子)は結婚詐欺師、長男・淳(坂口健太郎)は偽造職人、長女とまだ幼い次男も「犯罪で生計を立てていること」を知っていた。

そんなワケありの5人家族だが、皐月が同業の結婚詐欺師に監禁されてしまい、一家は危機に立たされる。

 公式サイト↓より

athome.official-movie.com

 

なーんか聞いたことあるような話ですよね(笑)

 

ていうか、映画「万引き家族」になんとなく似てますよね(笑)

 まだ見ていないので、実際に映画として似てるかどうかは分からないですが(笑)

 

で、この映画面白かったです!

 

まず役者がみんなうまい!

 

そして社会の暗部みたいなところを、暗くなりすぎずに描いている。

 

この映画の登場人物は皆、不幸な家族に悩まされ、裏切られ、暴力を振るわれてきました。

 

毒親サバイバル

毒親サバイバル

 

そんな彼らが、絆の元に結びつき、本当の意味で家族になる。

 

血の繋がりよりも絆の繋がりが大事、というのは映画「シャザム」でもメインとなるテーマでしたが、今作ではそれがよりシリアスに描かれています。 

rimokongetao.hatenablog.com

 

派手なところはないですが、構成もひねってありますし、非常に良い映画だと思います。