ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数20万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

ラストシーンは〇〇じゃないの!? 映画「万引き家族」 感想

こんにちは!

 

今回は映画「万引き家族」の感想です。

万引き家族【映画小説化作品】 (宝島社文庫)

万引き家族【映画小説化作品】 (宝島社文庫)

 

監督・脚本 是枝裕和  出演者 リリー・フランキー 安藤サクラ 松岡茉優 池松壮亮

 

万引き家族」についてはプロ・アマ問わず多くの人が語り尽くしていると思うので、詳しい感想や批評が読みたい方はそちらをご覧ください。

 

自分が語りたいのは3点。

 

 語りたいこと① テーマ

これは近年の映画でよく語られるテーマで、例えば「シャザム」という映画のテーマとも共通しています。

 

rimokongetao.hatenablog.com

この記事の中ではこう書いています。

血縁、血の繋がりではなく、絆・心が通じ会うことこそが大事である、ということでしょうし、これは今も起きている毒親・虐待問題へのアンサーでもありうるでしょうね。

 

また「万引き家族」と類似点の多い映画「at home」ではこう書きました。

rimokongetao.hatenablog.com

絆の元に結びつき、本当の意味で家族になる。

 

血の繋がりよりも絆の繋がりが大事

 

どんな親の元に生まれるかは選ぶことは出来ません。

でも、そこから逃れて、新しいコミュニティを作ることはだれでもできます。

 

そういうお話だったと思います。

 

語りたいこと② 安藤サクラのエロさ

 

正直安藤サクラって美人ではないじゃないですか。

SAKURA! 安藤サクラ写真集

SAKURA! 安藤サクラ写真集

 

 普段見ていて、別にエロさは感じないんです。

 

でもこの映画の中盤、リリーフランキーとセックスするシーンでの安藤サクラのエロス!

汗ばんだ、ちょっと崩れた体型のエロさ!

 

ここに是枝監督のすごさを感じましたね。

「女のエロス」を演出することができる監督が、本当にすごい監督だ!

 

大正ヱロス綺譚 痴人の戀【電子特別版】 (ジュエル文庫)
 

って誰かが言ってました(笑)

 

語りたいこと③ ラストシーンの解釈

この映画の最後の最後の女の子がマンションの外を見ているシーン。

自分はここを「これから飛び降りるその一瞬前」だと解釈しました。

つまり「自殺」ですね。

 

でもそう見てる人はあんまりいないみたいですね(笑)

 

相も変わらず自分に無関心な母親に絶望して、もうこの世から消えてしまおう、輪廻転生して次は良い親の元にうまれよう、みたいなすごく残酷でリアルなラスト、だと思うんですけどねえ・・・。

残酷すぎる成功法則  9割まちがえる「その常識」を科学する

残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する