脳内プラスチック化計劃 BYリモコン下駄夫

考えたこと・映画やアニメ・本・音楽の感想や、心に残った言葉などを、無節操に書いていくブログです! 現在の一日のアクセス数は650前後 総アクセス数は10万突破!

つまらなかったです・・・ えいがのおそ松さん 感想

こんにちは!

 

今回は「えいがのおそ松さん」の感想です。

 

監督 藤田陽一 脚本 松原秀

 

赤塚不二夫の原作を今風にアレンジを加えてアニメ化した大人気コメディの劇場版。ある日、高校の同窓会にやって来た6つ子たち。立派な社会人になった同級生と再会した彼らは、自分たちの冴えない現実に打ちのめされ、やけ酒をあおって眠ってしまう。

 

赤塚不二夫のギャグ漫画「おそ松くん」原作、2度放送されたTVアニメ「おそ松さん」の劇場版。完全新作となる劇場版には、学生時代の6つ子たちも登場。「おそ松くん」と「おそ松さん」をつなぐストーリーが、初めて明らかになる…!ダメだけど、どこか憎めない大人になった松野家の6つ子たち。同窓会でやけ酒をあおり、翌朝目が覚めると不思議な世界に迷い込み、出会ったのは18歳の自分たちだった…。

 

https://www.amazon.co.jp/%E3%81%88%E3%81%84%E3%81%8C%E3%81%AE%E3%81%8A%E3%81%9D%E6%9D%BE%E3%81%95%E3%82%93DVD%E9%80%9A%E5%B8%B8%E7%9B%A4-%E8%B5%A4%E5%A1%9A%E4%B8%8D%E4%BA%8C%E5%A4%AB/dp/B07VHDQH3F?SubscriptionId=0RYS4FKCB8D90Y669QR2&tag=hatena-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B07VHDQH3F 2019/1/5閲覧

 

 

エンスカイ えいがのおそ松さん 2020年カレンダー CL-57

エンスカイ えいがのおそ松さん 2020年カレンダー CL-57

  • 発売日: 2019/11/02
  • メディア: オフィス用品
 

 

はっきり言います。

つまらなかったです。

 

 「おそ松さん」は見てましたが、これはギャグアニメなんですよ。

ギャグアニメが映画化して感動路線ってままあることですが、たいてい失敗してますよね(同じ監督の銀魂は例外ですが)。

 

ギャグはギャグのままやってればいい。

過去とか、別に興味ないです。

 

 

なにより、ギャグアニメの映画化なんだから面白くなきゃダメ、笑えなきゃダメ。

でもこれは全然笑えない。

   

 

その時点でダメ。

 

例えば「青春バスターズ」として、過去の自分のイタイ言動を、恥ずかしさに悶えながらツッコむ、みたいな部分は良かったと思います。

むしろ、そこを拡大してほしかった。

 

だから、惜しい。

惜しかったなあ、という印象です。

 

【数量限定】「えいがのおそ松さん」アニメコミック(アクリルスタンド付き)

【数量限定】「えいがのおそ松さん」アニメコミック(アクリルスタンド付き)

 

 

最後に。

あのアニメファンの女の子(名前忘れた)が行った「遠いところ」って死後の世界ですよね?

つまり死んだんですよね、多分。

 

真面目に見てないのでわかりませんが、多分そういうことだと思いますが、そういうシリアスなのもいらないんだよなあ・・・。

 

うーん、惜しい。

つくづく惜しい作品でした。