ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数20万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

さっぱりわからん 浅田彰著「構造と力 記号論を超えて」 感想

こんにちは!

 

今回は浅田 彰著「構造と力 記号論を超えて」の感想です。

 

構造と力―記号論を超えて

構造と力―記号論を超えて

 

 

 構造主義およびそれ以降の思想を一貫したパースペクティヴのもとに論理的に再構成し、今日の知的フロンティアの位置を確定しようとする試みである。

気鋭の著者のデビュー作。

 

https://www.amazon.co.jp/%E6%A7%8B%E9%80%A0%E3%81%A8%E5%8A%9B%E2%80%95%E8%A8%98%E5%8F%B7%E8%AB%96%E3%82%92%E8%B6%85%E3%81%88%E3%81%A6-%E6%B5%85%E7%94%B0-%E5%BD%B0/dp/4326151285?SubscriptionId=0RYS4FKCB8D90Y669QR2&tag=hatena-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4326151285 2020/2/16閲覧

 

 

まったくもって理解できませんでした!!(笑)

難しすぎる!!(笑)

 

例えばこんな具合↓

 そこで提示された生命像によると、 有機体は、世界をゲシュタルト的に構造化して、種に固有の環境世界(Umwelt)を作り上げており、それと自己の内的世界(INNwelt)との間に、円環的な適合関係-機能的円環(ユクスキュル)ないしゲシュタルトクライス(ヴァイツゼッカー)-を維持している。

 

浅田 彰著「構造と力 記号論を超えて」 1983 

 

逃走論―スキゾ・キッズの冒険 (ちくま文庫)

逃走論―スキゾ・キッズの冒険 (ちくま文庫)

 

 

どうですか?

一ミリも理解できない、ですよね?(笑)

 

いや、教養のあるみなさんなら「あー、はいはいそういうことね」と理解できる(のかもしれない)んでしょうが、自分は無教養なので分かりませんでした(笑)

 

 

 

 

感想になってなくて申し訳ないですが、結論としては「さっぱりわからない」というところに落ち着きます。

 

申し訳ございますえん!!