ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数20万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

西尾維新作「ヴェールドマン仮説」 感想

こんにちは!

 

今回は西尾維新作「ヴェールドマン仮説」の感想です。

 

ヴェールドマン仮説

ヴェールドマン仮説

 

 

あらすじはこんな感じ↓

 おじいちゃんが推理作家で、おばあちゃんが法医学者、父さんが検事で母さんが弁護士、お兄ちゃんが刑事でお姉ちゃんがニュースキャスター、弟が探偵役者で妹はVR探偵。名探偵一家のサポートに徹するぼくだけれど、ある日強烈な「首吊り死体」を発見し、連続殺人事件を追うことに。被疑者は怪人・ヴェールドマン。布(ヴェール)に異様な執着を示す犯罪スタイルからそう呼ばれている――。

 

https://www.amazon.co.jp/dp/B07TQSLN7S?tag=hatena-22&linkCode=osi&th=1&psc=1 2020/6/6閲覧

 

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

大人気作家・西尾維新の100本目の小説作品。

すごいですねえ、100本。

 

ほんと、多作ですねえ。

 

「物語」シリーズに「戯言使い」シリーズ、「掟紙今日子」シリーズ、「悲鳴伝」シリーズと、いくつものシリーズを並行して描きながら、それでもクオリティを落とさない、まさにプロですね。

 

   

 

そんな彼の100本目の作品がこれなわけですが、彼の作品としてはけっこうまともというか、言葉遊びは少な目でわりとまっとうにミステリーという感じ。

彼のアクの強さと言うか、個性が全開の作品を望む人には物足りないでしょうが、逆に入門編としてはいいかもしれませんね。

 

ただ、さすがにネタバレになるので書けませんが、トリックと真相はけっこう「え?」となります(笑) 

 

関連記事はこちら↓

 

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com