ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数62万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

発想の勝利! 映画「残念なアイドルはゾンビメイクがよく似合う」 感想

こんにちは!

 

今回は映画「残念なアイドルはゾンビメイクがよく似合う」の感想です。

 

 

ちょっとカメ止めっぽさがあって面白かったですね。

キャラクター造形なんかは、かなりカメ止め臭がしました(笑)

監督が気弱とか、美術の人はぶっきらぼうとか。

 

低予算のゾンビ映画の撮影現場が舞台。

ただ、今作の主役はメイクさん。

シチュエーションはメイクルークのみ!

この思い切りの良さが素晴らしい!

 

おそらくこの映画内映画で描かれる現場と同様、この映画の現場自体もお金はないのでしょう(笑)

だからシチュエーションを限った。

 

   

 

でも、その制約こそが、作品を面白くするのです。

いいじゃないですか。

創意工夫こそが、映画を作る最大の面白さですから。

また、知っている役者はほとんど出てきませんが、低予算っぽいわりには登場人物が多いのも見ごたえがあって良い。

登場人物達が大勢でいるときとは違う、本当の自分、内面をメイクさんだけに吐露するのもリアルでいいな、と。

意外とこういう時、ポロッと本音が漏れてしまったりするもんですよね。

だからこそ、メイクさんは芸能人の秘密とかを握ってたりするわけで(笑)

 

またリアルという観点で言うと、撮影現場のバタバタっぷりも面白かった。

まあ、こんなもんすよね(笑)

特に低予算で人がいないとねえ。

 

ということで、決してめちゃくちゃ面白い!大傑作!というわけではありませんが、意外な拾いものというか、そこまで期待値を上げて見ると、「わりと面白いじゃん」と思える一本でした。

 

関連記事はこちら↓

 

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com