ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数20万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

映画「風立ちぬ」 ジブリの悪いところが凝縮された駄作

こんにちは!

 

今回は、映画「風立ちぬ」の感想です。

 監督・脚本 宮崎駿  出演者 庵野秀明 瀧本美織 西島秀俊

 

(あくまで個人的な意見ですが)

こりゃあダメだ。

ジブリの悪いところが全部出ている。

 

ジブリの作品は、チャゲアンドアスカのやつ以外は全部見ている(はずな)んですが、これはなかなかひどい部類に入るかな、と。

 

そのひどさを分野別に考えていきたいと思います。

 

・声のひどさ

まずこれでしょう。

どう考えても主演・庵野秀明はおかしいって(笑)

 

ジブリが声優を使わないことは有名で、数々のずっこけボイスを生み出してきました。

 

でも、今回は特にひどい。

 

アニメの演出家のおっさんですよ?

 いくら巨匠のいうことだとしても、止めろよ、誰か。

 

ナウシカの続編を彼になら許可したとか、このキャスティングは後継者指名のメッセージだとか言われていますが、そうだとしたら内輪でやれや。

 

劇場公開すんな、電波に乗せんな。

 

一言目のずっこけっぷりはすごい(笑)

 

もう本当に新喜劇レベルの「ズコーッ!」ですよ(笑)

 

 宮崎駿から頼まれたら庵野秀明が断れる訳ないんだから、マジで誰か止めてやれって。

 

これはご乱心としか言いようがない。

 

・ストーリーの放棄っぷりがすごい

ハウルの動く城」あたりからずっとそうだけど、宮崎監督はもう、ストーリーとかどうでもいいんでしょうね。

 

ハウルの動く城 [DVD]

ハウルの動く城 [DVD]

 

 自分のやりたいシーンを無理やりつなげているだけ。

 

だからまったくエモーショナルじゃない。

心に響いてこない。

 

そもそも物語としての完成度が低すぎる。

だから効果的な心情的な積み重ねなんて期待しようがない。

 

予習してきた人なら話は分かるんでしょうけど、自分は話がよく分からなかったっす(笑)

 

・圧倒的な画力の無駄遣い

ジブリの罪って、たぶん絵がうますぎることなんですよ。

 

やっぱり今回も絵の躍動感はやっぱりすごいし、ここはジブリの面目躍如と言わざるを得ない。

 

でも、それが観客を惑わしている。

 

要するに絵力がすごいから、物語や演出が破たんしていても、なんとなく誤魔化されてしまう(笑)

 

これは押井守さんがこの本で言ってたことですけどね。

 

・そもそもアニメでやる話か?これ

これ実写じゃダメだったの?っていう(笑)

 

わざわざアニメでやらなくてもいいような・・・。

 

たとえば人物パートは実写でやって、監督が本当にやりたい飛行機のシーンだけアニメでやればいいじゃん(笑)

 

で、実写パートは「シンゴジラ」の庵野秀明樋口真嗣コンビにでも任せさなさいよ(笑)

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

そうしたらお気に入りの庵野秀明にも仕事振れるし(笑)

 

まとめ

諸々の外部要因を取っ払って一本の映画として見たら、これはだいぶひどい部類だと思いますよ、実際。

 

ファンタジーで隠されていた宮崎演出のあらみたいなものがすごく出ている。

 

まあ映画館で見てたら感想は変わった?かも(笑)