ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数20万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

映画「薄墨桜 -GARO-」 感想!  「うすずみざくら」って読むんだよ!

こんにちは!

 

今回は映画「薄墨桜 -GARO-」の感想です!

 

監督 西村聡 脚本 小林靖子

 

「うすずみざくら」と読みます!(笑)

 

これは特撮シリーズGAROのアニメ「牙狼 -紅蓮ノ月-」の劇場版ですね。

 

平安時代のお話で、陰陽師や貴族、桜など日本的な和テイストの強い作品ですね。

 

今回も主人公雷光とごねる清明のイチャイチャが楽しめます(笑)

 

まあなんというかいつもの「牙狼 -紅蓮ノ月-」すぎて特にいうことはないです(笑)

 

相変わらず人の恨みつらみ呪いのお話で、ホラーが出てきて、倒して、という至極いつもの。

 

相変わらずGAROはカッコよかったです、ハイ。

TVアニメ「牙狼-紅蓮ノ月-」オリジナルサウンドトラック

TVアニメ「牙狼-紅蓮ノ月-」オリジナルサウンドトラック

 

 

えーっと・・・。

f:id:rimokongetao:20190609185831g:plain

 

正直テレビ本編もそんな強い熱量で見ていたわけではないので、そこまで思い入れがないというか・・・。

 

すいません!(笑)