ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数20万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

「俺の相手は、お前じゃない!俺の相手はバスケットだ!」 「劇場版 スラムダンク」 感想

こんにちは!

 

今回は「劇場版 スラムダンク」の感想です。

 

SLAM DUNK 新装再編版 20 (愛蔵版コミックス)

SLAM DUNK 新装再編版 20 (愛蔵版コミックス)

  • 作者:井上 雄彦
  • 発売日: 2018/09/01
  • メディア: コミック
 

 

あらすじはこんな感じ↓

 

陵南との練習試合の後、今度は、武園学園高校との練習試合に臨む湘北。

試合前、花道は同じ中学の島村葉子、小田竜政と再会。花道と葉子は再会を喜ぶが、葉子の恋人でもある小田は不良の花道がバスケをやっていることが気にいらず、一方的に敵視する。

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%A0%E3%83%80%E3%83%B3%E3%82%AF_(1994%E5%B9%B4%E3%81%AE%E6%98%A0%E7%94%BB) 2020/5/27閲覧

 

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

う~ん。

 

自分の思っているスラムダンクの面白さと、この映画の目指している面白さが一致しなかったのが残念でしたね。

キャラクターの過去を掘り下げるのは悪くないと思うんですが、それがそのキャラクターのバスケットの技術の向上とあんまり結びついていないので「だから何?」感が出ちゃうんですよね。

 

それに「スラムダンク」にこういう恋愛ドロドロはいらないんだよなあ・・・。

 

   

 

 

でも桜木の言う「俺の相手は、お前じゃない!俺の相手はバスケットだ!」というのは中々いいセリフだと思います。

これぞスポーツマンシップというか。

 

そして桜木の初期の代表技「ふんふんディフェンス」が再び見れたので、そこは良かったですね(笑)

 

関連記事はこちら↓

 

 

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com