ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数20万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

80年代オタクカルチャーが楽しめる拾いものAKB48映画 「リンキング・ラブ」 感想

こんにちは!

 

今回は映画「リンキング・ラブ」の感想です。

 

リンキング・ラブ [DVD]

リンキング・ラブ [DVD]

  • 発売日: 2018/04/04
  • メディア: DVD
 

 

あらすじはこんな感じ↓

 両親の離婚危機に直面した大学生の美唯。
2017年の現代から1991年バブル崩壊直後にタイムスリップしてしまった彼女は、
そこで若き日の両親と出会い、二人の恋を成就させるべく、
何とその時代にAKB48の楽曲を持ち込んで、アイドル・グループASG16を母親たちと結成した!

 

https://www.amazon.co.jp/dp/B078X53HDD?tag=hatena-22&linkCode=osi&th=1&psc=1 2020/7/21閲覧

 

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

AKB48の、AKB48による、AKB48ファンのための映画。

金子修介監督映画なので一応見てみるかあ・・・と思いつつ、自分はAKB48に何の興味もないので楽しめないだろうなあ・・・アイドル映画だし、とハードルを極限まで下げて見てみましたが・・・。

 

意外や意外、これがなかなか悪くないんです!!

 

   

 

AKB48ごり押し演出が気になるっちゃ気になりますが、自分はその部分は完全に飛ばしているので(笑)対して気にならず、むしろバブル期のオタクカルチャーを描いた映画としてなかなか楽しめましたね。

特にこの時代は今のようにオタクカルチャーが細分化されておらず、漫画もアニメもアイドルも一緒くたに「オタクのもの」として社会の隅っこに追いやられていった。

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

それだけではなく、いわゆるLGBTなどの性嗜好を持つ人々も「変な人」として同じく社会の端っこに追いやられていた。

その「自分は変だ」という感覚を、そういう文化が既に浸透した現代(彼らからすれば未来)からやってきた主人公が、「そのままでいいんだよ」とあくまでも自然な態度で彼らを肯定していく。

タイムスリップものは数あれど、今作のような「現代からすれば普通である、過去ではおかしいとされていたことを、主人公が肯定することで救済する」というシステムは非常に良いと思いましたね。

 

そんなこんなで見る前は一切期待していなかった本作ですが、見終わってみると結構な満足感でしたね。

なかなかおすすめです!!

 

関連記事はこちら↓

 

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com