ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数20万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

「新世紀エヴァンゲリオン」 19・20話 感想

こんにちは!

 

今回は漫画版(貞本版)「新世紀エヴァンゲリオン  17・18話」の感想です。

 

 

 

あらすじはこんな感じ↓

西暦2000年、南極に隕石が落下。かくして有史以来の大カタストロフィー「セカンド・インパクト」が起こった。それから15年、新たな危機が人類を襲う。「使徒」襲来である。使徒に対抗すべく、人類は汎用人型決戦兵器「エヴァンゲリオン」を開発。そして、パイロットに選ばれた「3人の少年少女」たちの戦いが、今、始まる――。

 

https://www.amazon.co.jp/dp/B00932MR3O?tag=hatena-22&linkCode=osi&th=1&psc=1 2020/4/21閲覧

 

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

説明不要の国民的アニメ「エヴァンゲリオン」シリーズ。

その完結編となる「シン・エヴァンゲリオン 劇場版」に向けて、漫画やアニメを見直そう!というのがこの記事です。

 

すでに漫画もアニメも10回以上繰り返して見たり読んだりしているので、もはや初見時のような新鮮な感想はないのですが(笑)、改めて再読・再見して気づいたことを書いておきたいと思います。

 

 

・19話 「男の戦い」

トウジ三部作の最終話。

 

シンジ君がぶち切れる回ですね。

18話で大人たちにされたことを考えたらねえ、当然ですよ。

今までで一番シンジ君が積極的になるわけですが、それがNERVを離れるためとはねえ・・・。

 

そんなシンジ君ですが、後半の最大級のピンチを見て(弐号機の首がイカれるのはショックですよね)、エヴァに乗りシンクロ率400%!

 

汎用卵型決戦兵器 エヴァっち 試験初号機モデル

汎用卵型決戦兵器 エヴァっち 試験初号機モデル

  • 発売日: 2020/06/13
  • メディア: おもちゃ&ホビー
 

 

初号機の拘束具が外れ、初号機の真の姿が明らかに!

ロボットアニメ的に考えればめちゃくちゃ気持ちいい展開のはずなのに、そこに違和感をぶち込んで来るのがエヴァ流ですよね。

 

   

 

・20話「心のかたち 人のかたち」

 

 ロボットアニメ的カタルシスの後に、こういうしっぺ返しが速攻でやってくるのもエヴァ流。

さらにイメージ的にアスカ、レイ、ミサトとのセックスが描かれたり、最後には明確に加持とミサトの逢瀬が描かれます。

こういう喘ぎ声のアフレコってどんな空気なんですかねえ・・・。

 

自分だったら絶対その場に立ち会いたくないです(笑)

 

関連記事はこちら↓

 

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com