ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数62万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

ナンシー関曰く、「独特の生ぬるさ!」 テレ朝の日曜のテレビ番組!

こんにちは! テレビっ子下駄夫です。

 

皆さん、日曜のテレビ朝日の番組って、なにが思い浮かびますか?

 

特オタとしてはまず、「仮面ライダー」「スーパー戦隊」「プリキュア」などが思い浮かびますが、非特オタ(なのかな?)のみなさんの場合は、「アタック25」「新婚さん、いらっしゃい」「ナニコレ!珍百景」「ぽつんと一軒家」などでしょうかね?

 

で、こういった番組について、前から思っていたことがありまして、先週「183村秘境旅 こんな田舎がアルか否か!?」という番組を見て、それが確信にかわりました。(ちなみに、この番組が本当に、しょうもないというか、どーでもいい番組なんですよ笑)

 

それは、「日曜のテレ朝の番組には、独特の生ぬるさがある! だがそれでいい!」ということ。

 

例えば、「新婚さん、いらっしゃい」。

この番組がすごいわかりやすいと思うんですけど、この番組って日曜のお昼だからみんな見る気になる、と思うんです。

 

じゃあこの番組が、仮に、水曜日のゴールデンタイムに放送していたら、見ますか?

 

下駄夫は見ないと思います。

日々、会社や学校に疲れ、心をいやすためにテレビをつけたら、新婚さんがえんえん、のろけ話をしている。

そんな番組、水曜日の夜7時にはセレクトしないと思うんです。

 

でも、日曜日の昼間、まさにだらっとした、生産的なことをする気が起きない時間帯

そんな時だから、「まあ他人ののろけでも、聞いてみてもいいかなあ」って気分になると思うんですよね。

 

そういう心理的な働きがあると思います。

 

だから、意識しているのか、無意識なのかはわからないんですが、日曜のテレ朝の番組は、独特の生ぬるさをまとってるものが多いのではないか、と。

そう考えるわけです。

 

実はこの考え方は、オリジナルではありません。

もう亡くなってしまいましたが、消しゴム版画作家であり、稀代のテレビ批評家「ナンシー関」さんが、指摘していたことなんですよね。

 

 

 

もう20年くらい前に書かれた内容なのですが、その指摘は今でも当たっていると思います。

 

皆さんはどう思います?

独特の生ぬるさ、なんとなく分かりませんか?(笑)

 

ちなみに、ナンシーさんの本は、本当に面白く、今読んでも色あせないものばかりなので、ぜひ読んでみて下さいね。