ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数20万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

しっかり物語があるグルメ漫画! 山田飯(作伊藤静) 感想!

こんにちは!

 

自炊派の下駄夫です。

今回は、山田飯(作伊藤静という漫画の感想です。

 

山田飯 (ニチブンコミックス)

山田飯 (ニチブンコミックス)

 

 

この漫画は、山田という屋号の食べ物屋さんだけを訪れる少女の物語です。

 

この漫画、一見普通のグルメ漫画なんですけど、実は・・・というタイプなんですよ。

 

(以下ネタバレありです)

 

 

 

 

各回がそれぞれ単体のグルメ漫画として機能しつつ、そこで描かれることが、実は全体を貫く縦軸の物語の断片でもある、という構造。

 

なぜ彼女が「山田」という屋号に執着するかというと、それは失踪した父親がやっていた店の名前が「山田」だったから。

 

彼女はいなくなった父親を捜して、涙ぐましい努力をしてるわけですよ!

 

まあ、ラストではきちんと再会するわけですが、けっこう感動します。

 

また、単行本一冊で簡潔にまとまっているので、だらっと引き伸ばしもせず、かといって短すぎもせず、絶妙な長さです。

 

グルメ漫画って、基本読み切りタイプが多くて、縦の物語がないに等しいものが多いので、非常に面白く読みました。

 

おすすめです!