ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数20万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

シンジ君がたどり着く新しい世界とは? 「シン・エヴァンゲリオン 劇場版」 予想

こんにちは!

 

今回は「シン・エヴァンゲリオン 劇場版」について考察したいと思います!

 

 

・主人公碇シンジ

まず当たり前のことから確認します。

エヴァンゲリオンの主人公は誰でしょう?

 

そうですね!

碇シンジですよね!

 

「何を当たり前のことを言っているんだ!」と思われるかもしれませんが、今回の考察では大事なことなので確かめてみました(笑)

 

さて、エヴァンゲリオンというのは、実は一貫して碇シンジの物語です。

破とQの間が描かれなかったのも、そこで碇シンジが活動していないからでしょう。

 

まずはエヴァンゲリオン碇シンジの物語ということを頭に入れて下さい。

 

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

エヴァンゲリオンの物語の終わりに必ずおきること

現時点でエヴァンゲリオンの物語には3つの終わりがあります。

TV版、旧劇場版(以降、旧劇)、漫画版の三つですね(ANIMAは無視します笑)。

実はこの三つの物語の終わりには共通したポイントがあります。

 

 

それは「シンジが新しい世界で生きていくことを決意する」ということです。

 

TV版では人類補完計画が達成された世界で、(理由はよくわかりませんが)シンジは自己肯定し、新しい世界を受け入れます。

 

旧劇ではインパクトの後の新しい月面世界(?)でシンジはアスカを殺すのをやめ、二人で生きてこうとしています(まあ拒絶されちゃってますけどね笑)

 

   

 

漫画版では、四季を取り戻した世界でシンジ君は新しい学校の入試に挑みます(おそらく合格し、学園生活を送るのでしょう)。

 

このような具合で、エヴァンゲリオンの物語では、古い世界が終わり、新しい世界へとシンジ君が移行、そこで生きていく」という展開がお決まりなのです。

(まさに死と新生)

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

ということは、今回の「シン・エヴァ」でも同じことが起きると考えてもおかしくはないでしょう。

つまり、「3.0+1.0」の「3.0」パートで古き世界の終わり(新劇場版の終わり)が描かれ、「1.0」パートで新しい世界(シン・エヴァンゲリオンの始まり)にシンジ君が移行するのでしょう。

そして、そのきっかけが「ファイナルインパクト」なのでしょうね。

 

・シンジ君がたどり着く新しい世界とは?

 

では、「シン・エヴァンゲリオン」で具体的にシンジ君がたどり着くのはどんな「新しい世界」なのでしょうか。

 

今回のメインはその考察なのですが、これにはいくつか候補があります。

 

①序説

「1.0」とはつまり「序」のこと。

「ファイナルインパクト」を経て、シンジ君はもう一度「新劇場版」の物語を最初からやり直し、そこでいままでとは違う「シン・エヴァンゲリオン」の世界を作り上げる、というお話。

 

これはこの記事で詳しく書いていますね。

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

ただ最近、この説は違うんじゃないかなあ、という気がしています。

根拠としては、タイトルの「1.0」の「0」の線がはみ出ていること。

しかも隣の「3.0」よりももっとはみ出ている。

ということは、序の「1.0」(線がはみ出ていない)と「シン・エヴァ」の「1.0」は別物と捉えた方が良いのではないか、と。

 

②学園エヴァ

仮面ライダージオウ最終回みたいな感じですね。

 

詳細はこちら↓

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

 

③シンジ君の息子の物語説

「シン」と銘打つくらいですから、今までのエヴァンゲリオンとは別物。

つまり、エヴァンゲリオンが存在しない世界に行き、シンジ君は普通に大人になり、父親になる。

エヴァンゲリオンはある意味で「父と息子」の物語ですから、シンジ君が新しい次元に行くには、もういっそ親になるしかないんじゃないかと。

そして、彼が父親として息子と接することで、ゲンドウを理解できるようになるんじゃないか、という説ですね。

 

④数十年後説

③と似ていますが、③の説は世界をループして、そこで普通にシンジ君が生きる、という話でした。

こちらは、ループも何もなく、ただ地球環境が元に戻り、序破Qの出来事の延長線上の世界での数十年後、という説ですね。

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

⑤CG説

これ以降は、「シン」とは「新しい表現法」の話であり、「いわゆるアニメ」ではない、別の表現法で描かれるのではないか、という説ですね。

そうすれば見た目から「新しい世界に来た」ことが表現できますからね。

 

そこで、CGですよ!

キャラも建物もすべてCG!

「another impact」でも「エヴァをCGで表現する」ことに試みていますしね。

 

⑥実写説

シン・ゴジラ」を監督した庵野秀明

同じ「シン」の名を持つエヴァンゲリオンでは「実写」でやる可能性もありますよね。

「旧劇」でも実写が一部入ってきていましたしね。

 

⑦特撮説

特撮大好き庵野秀明

いっそエヴァンゲリオンウルトラマンのように着ぐるみで表現!なんて可能性も。

 

関連記事はこちら↓

 

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com