ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数20万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

出ている役者で見る映画を決めることはほとんどない BY蛭子能収 心に残った言葉シリーズ

こんにちは!

 

今回は蛭子能収著「一人ぼっちを笑うな」に出てきた言葉の紹介です。

 彼はその独特なキャラと、サイコパスっぽい(笑)言動で人気(?)の漫画家ですが、この本を読むと、彼の行動には彼なりに理屈があることは分かりました。

 

まあある程度納得もいきました。

 

蛭子さん、案外色々考えてます(笑)

笑われる勇気

笑われる勇気

 

 そんな彼の言葉がこちら!

 

「自分が映画を見るときも「この監督さんの映画だったら、絶対に面白いんだろうなあ」という視点で作品を選びます。

(中略)

逆に出ている役者で見る映画を決めることはほとんどないんじゃないかな」

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

これは同意ですね!

キャストがいかに豪華でも、監督が嫌いな人だったら見ないでしょうし、逆にキャストが知らない人ばかりでも、監督やプロデューサーが信頼できる人なら見ますね。

rimokongetao.hatenablog.com

 

蛭子さん、良いこと言う!(笑)