ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数20万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

現実は見栄を超える ジェーン・スー著「生きるとか死ぬとか父親とか」 感想

こんにちは!

 

今回はジェーン・スー著「生きるとか死ぬとか父親とか」の感想です。

生きるとか死ぬとか父親とか

生きるとか死ぬとか父親とか

 

 

あらすじはこんな感じ↓

 「私が父について書こうと決めたのには、理由がある」――。
24歳で母を亡くし、我が家は、父と娘の私だけに。それから20年が経ったけれど、いまだに家族は増えていない。気づけば私は40代半ば、父は80歳になろうとしている。
いま猛烈に後悔していることがある。母の人生を、母の口から聞かなかったことを。母の母以外の顔を知らないまま別れてしまったことを。
父については、もう同じ思いをしたくない。
もっと、父のことを知りたい。もう一度、父と娘をやり直したい。それには、これがラストチャンスかもしれない――。
戦時中に生まれ、戦後社会に飛び出て、必死で働いた父。母との出会い、娘の誕生、他の女性の影、全財産の喪失、母の死……。
父への愛憎と家族の裏表を、娘の視点で赤裸々に描く傑作エッセイ。

 

https://www.amazon.co.jp/%E7%94%9F%E3%81%8D%E3%82%8B%E3%81%A8%E3%81%8B%E6%AD%BB%E3%81%AC%E3%81%A8%E3%81%8B%E7%88%B6%E8%A6%AA%E3%81%A8%E3%81%8B-%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%BC/dp/4103519118?SubscriptionId=0RYS4FKCB8D90Y669QR2&tag=hatena-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4103519118 2019/10/22閲覧

 ジェーン・スーと言う人は、女性の生き方についての鋭いエッセイを多く書いてきた人です。

 

彼女のその鋭い洞察力としっかりとした観察眼は素晴らしいと思います。

しかし、その能力と言うのものも、身内しかも愛憎入り交じる父親ともなると、正常には発揮されないのかもしれません。

 

結論を言うと、この本には彼女の持つ文章の魅力と言うのがあまり出ていないのではないか、という気がします。

([し]10-1)私たちがプロポーズされないのには、101の (ポプラ文庫)

([し]10-1)私たちがプロポーズされないのには、101の (ポプラ文庫)

 

 彼女のズバッと物事の確信をつく鋭さはなりを潜め、言い方は悪いですがダラダラと父親との日々を書き連ねているだけ。

何か周縁をダラダラと回っているだけの人工衛星のような感じ?というか。

 

ただ例えば

 父にはまるで自覚がなかったが、父以外の面が家の中で垣間見える時、私は娘という肩書を失う。

属性のないものに居場所はない。

 

ジェーン・スー 生きるとか死ぬとか父親とか」 2018 新潮社

 のようなハッとする表現もありますね。

 

 

あとクセの強すぎる彼の父親の「現実は見栄を超える」という言葉の持つ圧倒的リアリティはすごい(笑)