ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数20万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

スリル満点の胸キュン青春コンゲーム小説、だそうです 黒田研二作「カンニング少女」 感想

こんにちは!

 

今回は黒田研二作「カンニング少女」の感想です。

 

カンニング少女 (文春文庫)

カンニング少女 (文春文庫)

  • 作者:黒田 研二
  • 発売日: 2009/03/10
  • メディア: 文庫
 

 

あらすじはこんな感じ↓

 都立K高校3年・天童玲美は、姉の死の真相を探るため、最難関私大・馳田学院入学を決意する。今の学力では合格が覚束ない玲美は、クラスで成績トップの優等生・愛香と陸上インターハイ選手の杜夫、機械オタクの隼人の協力を得て、カンニングによる入試突破を目指す。スリル満点の胸キュン青春コンゲーム小説。

 

https://www.amazon.co.jp/dp/4167753588?tag=hatena-22&linkCode=osi&th=1&psc=1 2020/8/28閲覧

 

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

スリル満点の胸キュン青春コンゲーム小説、だそうです。

色々肩書を盛りすぎなような気がしますが、まあ普通に面白いです。

特に中盤の「これはいったいどうなるんだ!?」という部分はなかなか盛り上がります。

 

しかし終盤は「いやいやどんだけ~!?」というようなハイテクカンニング機器が登場したり、せっかくなかなか濃ゆいキャラクターが揃っているのにそれがあんまり絡まずに終わってしまったり、結末(真相)が思っていたよりもしょうもなかったり、なんだかなあ・・・という感じ。

 

   

 

あとやっぱりスリル満点の胸キュン青春コンゲーム小説というキャッチコピーは盛りすぎだと思います(笑)

胸キュンはまあいい。

青春ではある。

スリル満点もぎりぎりセーフとしましょう。

 

でもコンゲームではない!!

 

関連記事はこちら↓

 

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com