ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数62万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

ドラゴンアランジーナがカッコイイ! 仮面ライダーセイバー 第14章「この思い、剣に宿して。」 感想

こんにちは!

 

今回は「仮面ライダーセイバー」 第14章「この思い、剣に宿して。」 の感想です。

 

 

仮面ライダーセイバー DXドラゴニックナイトワンダーライドブック

あらすじはこんな感じ↓

 賢人(青木瞭)を失った悲しみにくれるソードオブロゴスの戦士たちだが、巨大な本を封印している炎も消えつつあった。いつまでも悲しんでいられない!賢人との約束でもある世界の均衡を守るため、飛羽真(内藤秀一郎)らは再び立ち上がる。

 飛羽真らが行動を開始すると、なんと倒したはずのカリバーが現れた。飛羽真は賢人が使っていたランプドアラジーナのブックでセイバードラゴンアランジーナに変身。バスター、剣斬とともにカリバーに戦いを挑む。

 レジエルに邪魔されながらも優位に戦いを進めるセイバーらだったが、巨大な本は刻々と開き始める。大秦寺(岡宏明)倫太郎(山口貴也)が使う新たなワンダーライドブックを生み出そうとしていたが、仲間のピンチにノーザンベースを出ていってしまう。残された倫太郎と芽依(川津明日香)はやきもきしながらブックの完成を待つしかなく…。

 ついに巨大な本が開いてしまった。中へ入ろうとするカリバーを止めようとするセイバー。そしてバスター、剣斬、スラッシュはカリバーを援護しようとするストリウス、ズオスレジエルと激しい戦いを繰り広げる。

 互角に見えた戦いだったが、セイバーはカリバーの一撃を受けランプドアラジーナのライドブックが落としてしまう。さらにストリウスが現れカリバーをサポート、カリバーは高々と舞い上がり巨大な本へ入っていく。

 窮地に陥った剣士たち、そこへ新たなワンダーライドブックを手にした倫太郎が合流した。倫太郎はブレイズキングライオン大戦記に変身!拾ったランプドアラジーナに加え、バスターからニードルヘッジホッグ、剣斬からトライケルベロスのライドブックを受け取りパワーアップ、激しい攻撃でストリウスらを圧倒する。さらに咆哮とともにライオンモードにチェンジ、光の柱を1本撃破する。

 ブレイズらに光の柱の破壊を託したセイバーは、カリバーを追って巨大な本の中へ。
「お前が世界を救え!」
 剣士たちの思いを胸に飛び込んだ本の中には何が?

 

脚本:福田卓郎
監督:石田秀範
アクション監督:渡辺 淳 ジャパンアクションエンタープライズ
特撮監督:佛田 洋 特撮研究所

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

今回も賢人の喪失を引きずった回でしたね!

賢人のライドブックをみんなで受け継いで攻撃していくのが絆を感じて良かったですね。

特にランプトアランジーナワンダーライドブックをセイバーが使って変身するドラゴンアランジーナは良かった!

多分今回限りでしょうが、仮面ライダー鎧武 バナナアームズのように地味に人気になりそうな予感!

しかも二刀流!

(雷鳴剣どっからでてきた?笑)

 

   

 

そしてライオン大戦記

ブレイズも順調にパワーアップしました!

しかもライオン形態に変形できるというね(笑)

二号ライダーで変形と言えば、アクセルを思い出しますね!

 

それにしても、戦闘してるのはわかったけど、結局縦軸の話がさっぱりわからんぞ、セイバー!

あの光の柱はなんだったんだ?(笑)

 

関連記事はこちら↓

 

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com