ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数62万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

隠れた名作! 映画「女神の見えざる手」 感想

こんにちは!

 

今回は映画「女神の見えざる手」の感想です。

 

女神の見えざる手 [Blu-ray]

 

あらすじはこんな感じ↓

 オリンピック誘致、トランプ当選……その陰では彼ら(ルビ:ロビイスト)が活動していた!
政府を陰で動かす“戦略の天才"ロビイスト銃社会アメリカに仕掛けた究極の“一手"とは――

政権の決断に影響を与え、世論も左右するプロの集団がいる。その名は「ロビイスト」。
いったい彼らは、どんな戦略を巡らせて、その見えざる手で権力をも操作し、人々の心を動かしていくのか?
ロビイストの知られざる実態に迫る問題作!

“仕事人"としての矜持と人間くささの両面を、『ゼロ・ダーク・サーティ』でアカデミー賞(R)主演女優賞にノミネートされたジェシカ・チャステインが体現。本作品でゴールデングローブ賞主演女優賞にノミネートされた怪演で、観る者の目をクギづけにする。

【ストーリー】
大手ロビー会社で辣腕をふるうエリザベス(J.チャステイン)は、銃擁護派団体から仕事を依頼される。女性の銃保持を認めるロビー活動で、新たな銃規制法案を廃案に持ち込んでくれというのだ。信念に反する仕事はできない…エリザベスは部下を引き連れ、銃規制派のシュミット(M.ストロング)の小さなロビー会社へ移籍。奇策ともいえる戦略によって、形勢を有利に変えていく。だが、巨大な権力をもつ敵陣営も負けてはいない。エリザベスの過去のスキャンダルが暴かれ、スタッフに命の危険が迫るなど、事態は予測できない方向へ進んでいく……。

 

https://www.amazon.co.jp/dp/B078ZT6739?tag=hatena-22&linkCode=osi&th=1&psc=1 2021/1/16閲覧

 

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

正直言います。

前評判等まったく知らない状態で、一ミリも期待しないで見始めたんですが、面白い!!

最初の方は「??」という感じですが、見ていくうちにどんどん面白さにブーストがかかったくる!

 

政治の裏で暗躍するロビイストのお話なんですが、このロビイストとして主人公がガシガシ活躍して無理難題を達成していく様子がまあ面白い!

いかにして人の心を取り込むか、相手の損得勘定を操作するか。

 

   

 

さらに途中途中で挟み込まれる裁判のシーンが、この本筋とどう絡んでいくのか。

 

もうずっと面白いわけです。

見終わった後にネットで評判を見たらまあ絶賛ばかりで。

 

これは隠れた名作です!!

是非見ていただきたい!

 

関連記事はこちら↓

 

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com