ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数20万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

ハクション大魔王 2020 第15話「アニメから飛び出した!?の話」  感想

こんにちは!

 

今回はハクション大魔王 2020 の感想です。

 

 

あらすじはこんな感じ↓

 

 

アクビとカン太郎は今日も夢を見つけるために仕事体験へ……と思いきや、突然世界が真っ白になるという緊急事態が発生する。そこへ大慌てのハクション大魔王が現れ、カン太郎たちが連れて行かれたのは、なんとアニメ「ハクション大魔王2020」の制作スタジオだった。

 そこでは、人手不足のためにプロデューサーの新久保が一人で仕事をしていた。制作が間に合わず「ハクション大魔王2020」は打ち切りの危機だという。このピンチを乗り切るため、アクビとカン太郎たちは制作を手伝う。

 

https://news.yahoo.co.jp/articles/170ce2e688638dc037efdd7627e3e41e0226234f 2020/8/16閲覧

 

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

 

 

め、めたぁ・・・。

めちゃくちゃメタい回でしたね、今回は。

 

ハクション大魔王 2020」というアニメの世界のキャラクターが、「ハクション大魔王 2020」というアニメを作っている製作会社に行き、自分たちが出演している「ハクション大魔王 2020」を製作する。

その中で作画監督とか制作進行とか、そういうアニメの作り方、役割分担を彼らは知っていく。

でも作っているのは自分たちが出演しているアニメで、でも彼らはそのことに特に疑問を感じていなくて・・・。

 

うん、なんだこの話。

 

   

 

考えれば考えるほど頭がこんがらがってくるというか、彼らはじぶんたちのことをどう理解しているんだ?というか、今回のお話で彼らは自分たちがアニメの世界の住人であり、自分がアニメ世界のキャラクターであることを知ってしまったわけで・・・。

などと考えていくともう何もわからなくなってきますよね(笑)

 

ま、とりあえず次回はカンちゃん達が製作した(?)16話です(笑)

 

関連記事はこちら↓

 

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com