ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数20万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

本当に主役か?バットマン! 映画「バットマン リターンズ」 感想

こんにちは!

 

今回は映画「バットマン リターンズ」の感想です。

 

 

監督 ティム・バートン

 

あらすじはこんな感じ↓

 人気アメコミヒーロー・バットマンが活躍するシリーズ第2弾。暗黒都市・ゴッサムシティが平和を取り戻したのも束の間、異常な野望に取り憑かれた怪人・ペンギンと復讐に燃えるキャットウーマンが街を裏で牛耳ろうとする

 

https://www.amazon.co.jp/dp/B07SP14GDM?tag=hatena-22&linkCode=osi&th=1&psc=1 2020/5/18閲覧

 

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

ティム・バートンが監督した「バットマン」シリーズの2作目ですね。

今回は非常にティム・バートン色が強くなったなあ、という印象です。

 

これはもう、世界中で何百回と言及されていることでしょうから、今更言うのもお恥ずかしいくらいなんですが(笑)、一応書くとすると、今回の敵「ペンギン」というのはすごくティム・バートンっぽいキャラクターなんですよね。

 

ティム・バートンが繰り返し繰り返し描いているテーマというのが、「異形のもの」なんですよ。

シザーハンズ」しかり、「チャーリーとチョコレート工場」しかり、「普通とは違う容姿だったり性格だったりするせいで、社会と相いれることのできない人たち=異形のもの」ティム・バートンはずっと描いているし、今回の「ペンギン」もまさにそう。

 

 

まるで「アリス・イン・ワンダーランド」の世界から抜け出してきたような、絶対に普通の社会生活は送れないであろうビジュアル。

そして、そのビジュアルによって迫害を受け続けた結果としての、ねじくれた性格。

 

   

 

こんなのティム・バートンの大好物の物件なわけで(笑)

 

前作の「ジョーカー」しかり、今作の「ペンギン」しかり、監督であるティム・バートンが明らかにヴィランの方に感情移入しているので、やっぱりバットマンは全然印象に残らないんだよなあ(笑)

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

むしろ物語を引っ掻き回したキャットウーマンの方が覚えてるくらいで。

 

だからこのティム・バートン版「バットマン」は、ヒーロー映画ながら、ヒーローが全然印象に残らない珍しいシリーズでございました(笑)

 

関連記事はこちら↓

 

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com