脳内プラスチック化計劃 BYリモコン下駄夫

考えたこと・映画やアニメ・本・音楽の感想や、心に残った言葉などを、無節操に書いていくブログです! 現在の一日のアクセス数は650前後 総アクセス数は10万突破!

「グリーンランタン」「ミュータントタートルズ」・・・ 失敗しちゃったアメコミ実写化映画5選!

こんにちは!

 

近年アメコミ実写化映画盛り上がってますよね。

特に「アイアンマン」「アベンジャーズ」のMCU(マーベルシネマティックユニバース)や「マンオブスティ-ル」「アクアマン」のDCエクステンデッドユニバースが二大潮流として新作を作り続けています。

 

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

そんな商業的そして作品的に成功し、ファンが生まれ、日本人の間で「アメコミ」が一般的になったのは、実はここ10年くらいのこと。

 

この10年の間にまず「X-MEN」が長期シリーズとして続いていき、「ダークナイト トリロジー」という、バットマンをクリストファーノーランが三部作として実写化し、アメコミファンのみならず映画ファンにも受け入れられた傑作群があり、その一方でマーベル系が「アベンジャーズ」シリーズを筆頭にポップで明るいエンタテイメントとして地ならしを行ってきた。

ダークナイト トリロジー ブルーレイBOX(初回数量限定生産) [Blu-ray]

ダークナイト トリロジー ブルーレイBOX(初回数量限定生産) [Blu-ray]

 

 

そういう積み重ねがあって今のアメコミバブルがあるわけです。

が。

アメコミ映画というのはもともと「当たらない」「失敗作ばかり」の映画ジャンルだったのです。

   

そして近年も実は成功者たちの影でひっそりと失敗しているやつらがいるのです(笑)

 

そいつらの中から選りすぐりの5本をご紹介します!

 

①「グリーンランタン(2011)」

グリーン・ランタン (吹替版)
 

 監督 マーティン・キャンベル 脚本 グレッグ・バーランティ マイケル・グリーン マーク・グッゲンハイム 出演者 ライアン・レイノルズ

 

大コケアメコミ映画といえばこれは外せないでしょう!(笑)

もたっとしたストーリー、お世辞にもカッコイイとはいえないコスチューム、ヘタレすぎる主人公。

続編も企画されていますが、いまだ実現せず(動きはあるようですが)・・・。

 

DC出身のキャラで映画「ジャスティスリーグ」でチラッと存在に触れられましたがどうなることか。

 

 なおアメコミ映画的には同じくライアンレイノルズ主演の「デッドプール」シリーズでイジられてることで有名かもしれませんね(笑)

 

 

②「ジャッジドレッド(スタローン版)」

監督 ダニー・キャノン 脚本 ウィリアム・ウィッシャー スティーヴン・E・デ・スーザ

出演者 シルヴェスター・スタローン

 

続編の可能性があったものの興行的に失敗して白紙に。

なんですかね、これはシンプルに映画として面白くない

「クソだ!」とネタにするってよりも淡々と「ああ、つまらなかったね・・・」となってしまう映画ですね。

 

リブート版は評判悪くないみたいです↓

ジャッジドレッド (字幕版)

ジャッジドレッド (字幕版)

 

見てないけど(笑)

 

 

③「スーサイドスクワッド」

監督・脚本  デヴィッド・エアー  出演者 ウィル・スミス ジャレッド・レト マーゴット・ロビー

 

バットマンやスーパーマン世界の悪役がみんなであつまって世界を救う(?)みたいなコンセプトの映画なんですが、悪役ってよりもちょい悪程度で全然物足りない。

しかも話がダルンダルンで映画としても全然ダメ。

DCエクステンデッドユニバースは当たりはずれの差が大きい(ワンダーウーマンとかは良かった)ですが、その中でも飛び切りダメな一本。

 

④「ミュータントタートルズ(2014版)」

 監督 ジョナサン・リーベスマン 製作 マイケル・ベイ

 

製作・マイケルベイの時点でお察しという感じですがとにかく大味

ルックはわるくないかもしれませんが、まったく心の琴線にふれてこない不思議。

 

最低の映画に与えられるゴールデンラズベリー賞では、5部門にノミネートされ、助演女優賞の1部門受賞という輝かしい成績!(笑)

 

⑤リーグオブレジェンド 

リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた闘い [DVD]

リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた闘い [DVD]

 

 監督 スティーヴン・ノリントン 脚本 ジェームズ・デイル・ロビンソン 製作・出演 ショーン・コネリー

 

名優ショーンコネリーの引退の原因になったとも噂される失敗作。

 

少なくも日本では皆無に等しい知名度のアメコミの映画化で、透明人間やジキルとハイドなど、19世紀のイギリス発のキャラが一堂に会して悪と戦うみたいな話(だったと思う笑)なんですが、なんか延々仲間割れしてた気が。

リーグ・オブ・エクストラオーディナリー・ジェントルメン:センチュリー

リーグ・オブ・エクストラオーディナリー・ジェントルメン:センチュリー

 

 

映画「ガッチャマン」みたいに「どうでもいいからはよ戦えや」パターンですね。

これもお決まりの二部作予定だったけど、続編は公開されず・・・。

 

終わりに

ということで、5本選んでみました!

 

正直まだまだあるんですよ(笑)

 

リブート版「ファンタスティックフォー」とか「ヴェノム」とか。

rimokongetao.hatenablog.com

 

でもキリがないのでこの辺で(笑)

 

もしかしたら第二弾記事を書くかも?(笑)