ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数20万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

古市憲寿著「僕たちの前途」 感想

こんにちは!

 

今回は古市憲寿著「僕たちの前途」の感想です。

 

僕たちの前途

僕たちの前途

  • 作者:古市 憲寿
  • 発売日: 2012/11/22
  • メディア: 単行本
 

 

 よく「日本は若者の起業が少ない」「若者がもっと起業しやすい社会にしましょう」という議論を目にする。最近では「会社に雇われない働き方」や「ノマドワーカー」もブームだ。しかし、その割には起業する若者たちの「現実」があまりにも世の中には伝わっていない。そこで本書は初めて「起業」の実態を明かす。キーワードは「下流でもなく、ホリエモンでもなく」。あるいは「草食でもなく、肉食でもなく」。


上場はしない。
社員は三人から増やさない。
社員全員が同じマンションの別の部屋に住む。
お互いがそれぞれの家の鍵を持ち合っている。
誰かが死んだ時点で会社は解散する。

僕は今、そんな会社で働いている。
社長は「会社」というよりも「ファミリー」という言葉を好む。
社長と言っても今27歳である僕の一学年上なので、まだ29歳である。
顔は高校生のような童顔。
低めの身長に太めの胴体。
名前は――
(本書より)

「いい学校、いい会社、いい人生」というモデルから
「降りた」若き起業家たち。
自らもその一員である古市憲寿が、徹底的にそのリアルに迫る。

「G2」に発表されて大反響を呼んだルポルタージュをふまえ、
「起業」や「ノマド」を礼賛するくせに自営業者が減少し続ける
日本社会における「起業」の本当の意味を探る。

誰もなしえなかった起業家研究&ルポ、ここに登場!

おなじみ巻末特別対談も収録、登場するのは
「会社といえばこの人」といえる、あの超有名人!

 

https://www.amazon.co.jp/dp/4062180820?tag=hatena-22&linkCode=osi&th=1&psc=1 2020/10/6閲覧

 

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

うーん。

今度は「起業」がテーマです。

 

なんかねえ、ずるいのよ。

古市君て自分自身が半起業家であり、半研究者。

だからこそのこの本での「起業家」に対するスタンスの取り方がねえ、なんかずるいなあ・・・・。

ずるいわあ・・・。

 

いいよねえ、古市君、君はさあ、成功してさあ(笑)

 

   

 

そして巻末の対談二連発。

まずは島耕作

まさかの漫画のキャラクターと対談する社会学者が現れるとは!

 

そしてもう一人は田原総一朗

この田原君と古市君の会話が全然かみ合ってなくてねえ・・・。

古市君の本「絶望の国~」について「どういうこと?」」と聞いちゃう田原君。

いや、読んでないんかい!!(笑)

 

関連記事はこちら↓

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

 

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com