ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数62万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

映画「レイチェルの結婚」 感想

こんにちは!

 

今回は映画「レイチェルの結婚」の感想です。

 

レイチェルの結婚 [DVD]

レイチェルの結婚 [DVD]

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • 発売日: 2016/07/02
  • メディア: DVD
 

 監督・製作:ジョナサン・デミ

 

あらすじはこんな感じ↓

 ドラッグ中毒更生施設の入退院を10年間も繰り返しているキムが、姉レイチェルの結婚式に出席するため実家に戻って来る。しかし、キムのささいな言動が、家族内の複雑な問題を浮き彫りにしてしまう。
結婚という人生最良の日に、心の痛みをぶつけ合い、緊張感に張り裂けそうになる一家。そんな一人一人をつないでいたのは、見えない家族の絆だった。

 

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%81%AE%E7%B5%90%E5%A9%9A-DVD-%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%82%B5%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A4/dp/B01CZVKQ8C?SubscriptionId=0RYS4FKCB8D90Y669QR2&tag=hatena-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B01CZVKQ8C 2019/12/7閲覧

 

 

 

結婚式を機に家族の隠していた本音が明らかになる、こういうストーリー大好物です(笑)

なぜなら、家族とか身内が(暴力を伴わず)揉めまくる話、すごく好きだからです。

家族が言い合いしてるのが見るの、けっこう好きなんですよねえ(笑)

 

いや自分の家族だったらいやですけどね。

 

「家族の幸せ」の経済学 データ分析でわかった結婚、出産、子育ての真実 (光文社新書)
 

 

でも他人の、しかもフィクションなら大好物。

人の不幸は蜜の味って言いますよね?

それです!(笑)

 

   

 

この系統の映画で言うと「愛さえあれば」というすごく良い映画があるのですが、こちらもなかなか良かった。

アンハサウェイ、かなり体当たりで演技してます。

 

身内が揉めるのがすきな方、是非(笑)

 

関連記事はこちら↓

 

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com