ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数62万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

映画「カイジ ファイナルゲーム」 感想

こんにちは!

 

今回は「カイジ ファイナルゲーム」の感想です。

 

カイジ ファイナルゲーム Blu-ray 通常版

 

あらすじはこんな感じ↓

 2020 年、国を挙げて盛大に開かれた東京オリンピックの終了を機に、この国の景気は恐ろしい速さで失速していった。今この国では、金を持つ強者だけが生き残り、金のない弱者は簡単に踏みつぶされ、身を寄せ合うことで何とか今を生きていた―。
自堕落な生活を送っていたカイジは、派遣会社からクズと罵られ、薄っぺらい給料袋を手渡される。
憤りを感じながらも一缶千円に値上がりしたビールを買うかどうか迷っていた。
「久しぶりだね、カイジくん」「ハンチョウ?」
声をかけてきたのはスーツに身を包んだ大槻だった。帝愛グループ企業のひとつを任される社長に出世したという。
カイジくん。君もこんなところでくすぶっているタマじゃないだろ?」
「何が言いたいんだ?」「実はワシと組まないかと思ってね」
大槻が見せたのは一枚のチラシだった。【第5回若者救済イベント開催!バベルの塔】金を持て余した大金持ちの老人が主催するイベントで、一攫千金のチャンスだ。
「こんなもの無理だ!運否天賦のゲームで作戦の立てようもない」
「その通りだよ。だが裏を返せば、カラクリがわかっていれば勝てる可能性があるわけだ……」
ざわ…ざわ…ざわ…ざわ…
運命の歯車は動き出した。カイジを待ち受ける未来は天国か地獄か?日本中を奮い立たせる最後のギャンブルが今始まる―

 

https://www.amazon.co.jp/dp/B08739HWPQ?tag=hatena-22&linkCode=osi&th=1&psc=1 2021/3/15閲覧

 

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

カイジ

小中学生の頃から漫画も読んでましたし、そのタイミングで前作「カイジ2」も公開されたりして割とカイジシリーズに思い入れはある方だと思います。

中学生くらいの頃は純粋だったので、「カイジ」「カイジ2」もなかなか面白い映画だった、という感想を持っていました(そしてそれ以降見直していないのでそのままの感想で止まっています)。

 

さて、その上での「カイジ ファイナルゲーム」。

事前に「ひどい!」「ひどすぎる!」「悪魔的だ!」とまで言われるくらい評判が悪いのは知っていました。

そういうマイナスな先入観を持って見たからか、自分はそんなに悪いとは思いませんでしたね、正直な話。

 

   

 

もちろん「は?」と思う部分は多々ありましたし、「なんじゃそりゃ?」となる部分は山ほどありましたし、「でしょうね、そりゃそうなるでしょうね」と思う展開も相当ありました。

特に隠し子の件とかねえ。

そんなのあいつが出てきて2分でもう分かってましたよ(笑)

 

でもさあ、やっぱりなんか見れてしまうんですよね。

それはやっぱり、主演・藤原竜也のスター性なんですよねえ。

 

藤原竜也ってなんなんでしょうね。

思いかえせば、名作より駄作に出ている確率の方が高い気すらするのに、俳優としての格が落ちませんし、何よりなぜこうも、彼が出てるとなんとかなってしまうというか、許せてしまうんですよねえ。

 

正直出演しているのが藤原竜也じゃなかったら大惨事になっていたと思うんですが、彼だとどうにかなる。

まさにスター。

 

そう言う意味でこの映画は「藤原竜也の映画」でしかなかったですね(笑)

 

関連記事はこちら↓

 

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com