ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数20万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

アニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」 感想

こんにちは!

 

今回はアニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の感想です。

 

 

あらすじはこんな感じ↓

 昔は仲良しだった幼馴染たち。
でも、高校生になった彼らの距離はいつの間にか離れてしまっていた。
ヒキコモリぎみの主人公"じんたん"。
ギャル友達に流され気味の"あなる"。
進学校に通う"ゆきあつ"と"つるこ"。
高校に進学せず旅を重ねる"ぽっぽ"。
そして、仲良しだった小学生の頃から、
それぞれが変わっていく中で変わらない少女"めんま"。
ある日、"お願いを叶えて欲しい"とじんたんにお願いをするめんま。
困りながらも"めんまのお願い"を探るじんたん。
そのめんまの願い事がきっかけとなり、
それぞれの領域でそれぞれの生活を送っていた幼馴染達は
再びかつてのように集まり始める。

 

https://www.amazon.co.jp/dp/B00D2QEXBG?tag=hatena-22&linkCode=osi&th=1&psc=1 2020/9/17閲覧

 

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

いやー、泣いた!

泣きましたわー(笑)

最終回、もう泣きに泣きましたね。

なんて優しく、なんて切なく、そしてなんて美しい物語だったんでしょうか。

 

友情、愛情、恋愛、嫉妬、許し。

ありとあらゆる感情のたどり着く先は・・・。

もう、本当に感動です。

 

このアニメに関しては、三話までみた段階で「これはもう傑作に間違いない」と核心しました。

そして、その確信が裏切られることはありませんでした。

 

小学生の頃は仲が良かった人と、高校生くらいの微妙な時期になると疎遠になる。

これ非常にあるあるですよね。

大人ぶりたい時期ですから、子供っぽい友情が照れくさく感じてしまうというか。

 

でも、そこに子供の頃の純粋さ、心の美しさをなくしていない(まあ死んでしまっているから成長しない、とも解釈できますが)少女・めんまが現れ、彼らの心を変えていく、元に戻していく。

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

本当に心が洗われますね。

最終回、じんたん(主人公)へ向けためんまの手紙からはもう涙が止まりませんでした。

愛する人がもういないという悲しさ。

でも、自分は確かに愛されていたという確信。

このギャップが生み出す、喪失の切なさ。

 

   

 

ああ、日本が誇る最高のアニメの一つでしょう、これは。

 

ただここまでキレイに終わったTVシリーズの後に製作された劇場版。

こちらもかなりヒットしたようですが、いったいどんな内容になっているのか。

TVシリーズを見終わったいまの心境では、どうしても蛇足にしかならないようなきがしてしまいますが・・・。

 

 

最後に。

主題歌、作品の世界観にハマりすぎ。

あれはずるいよ。

泣くよ・・・。

 

関連記事はこちら↓

 

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com