ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数62万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

これがオサレか! 漫画「BLEACH」 少年ジャンプ+で48巻まで無料公開中!

こんにちは!

 

今回は漫画「BLEACH」のお話です。

 

 

週刊少年ジャンプで連載されていたバトルアクション漫画・「BLEACH」(久保帯人作)。

この「BLEACH」はネットでは「オサレ漫画」と呼ばれていますよね。

 

 

ニコニコ大百科によれば

オサレとは 「お洒落」をちょっと間抜けに言ってみた言葉である

 

意味 「お洒落」を茶化した言い方 中途半端なお洒落を皮肉って使用されるほか 単純に照れ隠しとして 「お洒落」と同様の意味で使用されることもある

『お洒落しようとしているのが見え見えで その姿が滑稽であったり恥ずかしかったりする場合』 などのように 本人と周囲との間に温度差が存在する場合などに使用される

中二病の症状の一種との見方も強い

自虐の意味を込めて自分自身を指して使用する場合など 使用用途は広いだろう

 

BLEACHとオサレ

 

「オサレ」を広く世に知らしめた、オサレの代名詞と言える漫画。作者の久保帯人は「師匠」と呼ばれ、オサレ界のカリスマとして讃えられている。オサレなファッションやネーミング、セリフ、ポエムの数々は我々を惹きつけて止まない。

BLEACH』には「オサレポイントバトル(OPB)」が採用されているなどと噂されている。これは、オサレな振る舞いによって蓄積されるOPにより勝敗が決定するというシステムである。

「格好良く名乗りを上げる」「追い詰められて本気を出す」などでOPを得ることができ、逆に「大技を相手より先に出す」「相手の言葉に動揺する」などの振る舞いはOPを失ってしまい、自身が格上だろうと敗色濃厚になってしまうのだ。 実力差や相性などの従来では重要だった要素よりOPを重視するOPBは、バトル漫画界の画期的なシステムとして注目を浴びたのである。

 

https://dic.nicovideo.jp/a/%E3%82%AA%E3%82%B5%E3%83%AC 2020/3/24閲覧

 

 

まあこんな感じでいじられながらも愛されている漫画ブリーチ。

今年20周年プロジェクトとして「千年決戦編」のアニメ化が決定したり、原画展が開催されたりとにわかにまた盛り上がってきています。

 

そんなタイミングで「少年ジャンプ+」にて1~48巻まで無料公開されているので、読んでみました。

(記事執筆時のお話です)

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

結果!

なぜブリーチがオサレ漫画と呼ばれているのか、理解しました。

 

 

 

特に一護と彼の父親が亡き母親について語り合う部分。

ここを読んだとき、「ああ、おれがオサレか!」と理屈ではなく感覚で理解しましたね。

そのオサレすぎる台詞がこちらです。

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

 

真咲が死んだことでお前を責めたりなんかしたら 俺が真咲に怒られちまうわ ・・・

真咲が死んだのは誰のせいでもねぇよ

ただ

俺の惚れた女は自分のガキを守って死ねる女だったってことさ ・・・

そして忘れんなよ

オメーはその俺が惚れた女が

命がけで守った男なんだぜ!

 

うーん、オサレだなあ(笑)

 

関連記事はこちら↓

 

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com