ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数62万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

五人のライダーが集結する? シン・ゴレンジャーはどうなる?

こんにちは!

 

今回は「シン・ゴレンジャー」のお話です。

 

 

シン・ゴレンジャー。

日本の名作特撮を現代風にリブートする映画シリーズ「シン・」ユニバース。

その新作が「シン・ゴレンジャー」なのではないか?とまことしやかに囁かれています。

 

日本の特撮映画の始祖であるゴジラ

テレビ特撮の元祖・ウルトラマン

等身大ヒーローのレジェンド・仮面ライダー

そして残るは日本三大特撮の最後の一つ・ゴレンジャー。

日本の集団ヒーローで最もポピュラーなシリーズ・スーパー戦隊の元祖です。

やはり順当に考えれば次は「シン・ゴレンジャー」ではないか、と考えられるのです。

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

ではこの「シン・ゴレンジャー」はどんな作品になるのか?というのを考えてみよう、というのがこの記事。

まだ発表すらされていない、というか作らるかどうかも分からないので相当気が早いですが(笑)

まあ特撮オタクの妄想ですね。

 

   

 

1 順当なリブート作品

「シン・仮面ライダー」がどんな作品になるかにもよりますが、シンプルに考えれば「シン」シリーズのセオリー通り、大人の鑑賞に堪えうる作品としての強度を持ちつつ、早いテンポの編集、早口で進む会話、シリーズの小ネタなんかを入れつつリブートするのではないでしょうかね。

 

ただ、そうすると問題になるのは1本の映画で5人の主要キャラクターをえがかなければならないこと。

2時間で5人というのはなかなかハードですよね。

またゴレンジャーはそもそも子供向けの要素が強いので、アレンジするのがなかなか難しそう、というのもありますね。

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

2 「シン・仮面ライダー」の続編になる?

そもそもゴレンジャーというのは、詳しい事情は省きますが、仮面ライダーの枠が空いたところに仮面ライダーを越える番組が欲しい!というテレビ局的な都合から生まれています。

仮面ライダーが5人いたらめっちゃ強いし、さらに人気出るんじゃね?」的なわりと安易な発想から生まれた、という説もあります(笑)

その「仮面ライダーが5人いてチームを組んで戦う」という発想を具現化した「仮面戦隊ゴライダー」という作品もあるくらいですからね。

 

何が言いたいかというと「ゴレンジャー」はそもそも仮面ライダーありきで企画された作品、ということ。

だとすると、同じ東映が作って「シン」で繋げるとすると、「シン・仮面ライダー」の続編として、仮面ライダー第三号~第五号(V3、ライダーマン、Xとは違う、仮面ライダー3号、4号路線のライダー?)が集結し、ショッカーの残党が作った黒十字軍(ゲルショッカーに非ず)と戦う、みたいな話になる、かもしれませんね。

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

3 和製アベンジャーズになる?

こうなったらいいのになあ、という案、というか妄想。

上で書いたように2時間で5人のキャラを描くのは難しい。

また、一人で既に強いヒーローが5人集まったらより興奮するよね、という発想を活かすと考えると、それこそアベンジャーズのような作品になるのではないでしょうか。

 

つまり、アカ~モモまでの五人が単独作をまず作り、その集結作として「シン・ゴレンジャー」を作るのではないか、ということです。

しかも東映は色々と媒体を持ってますから、アカレンジャー編は映画、アオレンジャーVシネマモモレンジャーはドラマ、キレンジャーは漫画、ミドレンジャーはTTFCで配信、とか。

こうしてくれると「シン・ゴレンジャー」になった時に「いよいよ揃った!」感が出ていいですよね。

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

最後に

何はともあれ「シン・ゴレンジャー」みたいですねえ。

「シン」シリーズが続いてくれることを祈るばかりです。

 

関連記事はこちら↓

 

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com