脳内プラスチック化計劃 BYリモコン下駄夫

考えたこと・映画やアニメ・本・音楽の感想や、心に残った言葉などを、無節操に書いていくブログです! 現在の一日のアクセス数は650前後 総アクセス数は10万突破!

安定の神映画! 平成ジェネレーションズFOREVER 二回目視聴の感想! 

こんにちは!

 

今回は、5/8に発売された「平成ジェネレーションズFOREVER」、二回目視聴の感想です!

監督 山口恭平 脚本 下山健人 小林靖子 出演者 奥野壮 犬飼貴丈 押田岳 大幡しえり 渡邊圭祐 赤楚衛二 高田夏帆 武田航平 水上剣星 福崎那由他 斎藤汰鷹 大東駿介 佐藤健

 

およそ半年ぶりに見たので、新鮮な気持ちで楽しめました!

 

気づくことも多かったですね。

 

ということで、序盤・中盤・終盤に分けて感想を書きたいと思います!

 

序盤

まず一番最初。

アナザー電王→ジオウ、アナザーW→ビルド、という組み合わせにも意味があったんですね。

 

時間をテーマにしたジオウには電王を、バディものであるビルドにはWを、みたいな(笑)

仮面ライダーW(ダブル) Blu-rayBOX 1

仮面ライダーW(ダブル) Blu-rayBOX 1

 

そしてタイトルの、ライダーのフラッシュバックで一泣き(笑)

 

序盤の大東さんの演技から既に、ティードのヤバさがわかりますね(笑)

 

そして「カフェ(俺)」のネタを挟みつつ、雑なWライドウォッチの受け渡し(笑)

仮面ライダージオウ DXダブルライドウォッチ

仮面ライダージオウ DXダブルライドウォッチ

 

 

さらに「キバの音也」の中の人ネタをぶっこみ、邪悪なティードと再び戦闘!

 

人間態なのに、つ・よ・す・ぎ!

 

中盤

戦兎がライダーとしての格を示しつつ、「覚えている限り、ライダーはいる!」という本作を貫くテーマにキャラたちが気づいていく。

 

この中盤は電王色が強くて、シンゴが特異点とか、イマジンによる時間移動とか、懐かしの映像が!

 

 そしてデンライナーからの、佐藤健の伝説のシーン!

ここは何で見ても泣けますね!

 これについては別の記事で書きたいと思います。

 

終盤

圧巻のライダーバトルシーン!

 

地上戦→バイク戦→必殺技という完璧な布陣!

 

 

もういうことなし!

見て!

泣いて!(笑)

 

本人ボイスだから!

本物の仮面ライダーだから!(泣)

Figure-rise 6 仮面ライダー カブト

Figure-rise 6 仮面ライダー カブト

 

 

でも龍騎だけ、新規アフレコなのに関さんに聞こえた・・・(笑)

rimokongetao.hatenablog.com

 

W,クウガアーマーはあんまり目立ちませんでしたね・・・。

半分こ爆破は面白かったけどね!(笑)

 

クウガが〆るのは素晴らしい!

 

仮面ライダークウガ (11) (ヒーローズコミックス)

仮面ライダークウガ (11) (ヒーローズコミックス)

 

2018年の映画でクウガのライダーキックでとどめをさすって最高すぎる!

 

最後のライダー好き兄弟の写真でひと泣き(笑)

 

EDでもうひと泣き。

 

結論

神映画すぎる!(笑)

 

ここまで素晴らしいライダー映画、なかなかないですよ?

rimokongetao.hatenablog.com

 

かつて平成仮面ライダーを見ていた人、悪いことは言わないから見てみて!

 

泣けるますよ、マジで!