ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数20万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

やはり主役がヴィランは無理がある? 映画「クルエラ」 感想

こんにちは!

 

今回は映画「クルエラ」の感想です。

 

 

監督 クレイグ・キレスピー

 

あらすじ↓ 

みんなと同じなんてイヤ…な、あなたへ!

「私は人と違う生き方をしてきた、それが目ざわりな人も」

ディズニーのアニメ映画『101匹わんちゃん』の悪役
クルエラの若き日の姿を描く。
エマ・ストーンがクルエラを演じる超話題の実写映画をノベライズ!

個性的な美意識を持つ少女エステラがこの物語の主人公。
70年代のロンドンを舞台に、才能あふれるエステラは次々と過激なファッションムーブメントを起こしていく。だがその行動の奥底には深い闇が!?

クルエラは特別な魔力は無いが、私利私欲のためなら手段を選ばず、その意地の悪さは、ディズニー史上最も悪名高きヴィランと言われている…
なぜエステラは邪悪なヴィランに変貌したのか?

 

https://www.amazon.co.jp/dp/4092313705?tag=hatena-22&linkCode=osi&th=1&psc=1 2021/6/18閲覧

 

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

うーん。

ハマる人はドハマリしそうな映画、という印象です。

自分はファーストシーンで「あ、この監督とは合わないかも・・・」と感じ、残念ながらその予感は的中してしまいました。

もちろんつまらなくはなかったんですが、演出の細かい部分がどうも気になってそこまで入り込めなかった、というのが正直なところですね・・・。

 

例えばひっきりなしに大音量でなり続ける音楽!

ちょーーーっとうるさかったかな・・・(笑)

ビートルズのカバーとか楽曲自体は良かったんですけどね・・・。

 

あと、どうにも登場人物の行動原理がいまいち自分には飲み込めませんでしたね。

もちろんこの映画は「101匹わんちゃん」の前日譚であり(ちなみにそちらは未見)、最終的にはそっちにつなげていかなければいけないので多少無理が生じるのはわかるんですが、それにしてもクルエラ以外のキャラクターがなぜあそこまでクルエラに協力するのか、自分にはちょっとわかりませんでしたね。

 

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

 

またクルエラの上司となるファッションモンスターもねえ・・・。

もうこいつはパワハラの申し子ですよ!(笑)

息をするようにパワハラをするとんでもないヴィラン

このキャラクターの存在感はすごかったですねえ。

 

   

 

ただ自分は最初「プラダを着た悪魔」みたいな展開になっていくのかと期待したんですが、結構ありがちなところに着地してしまったのがこれまた残念で・・・。

そこは変に関係性をもたせなくても良かったんじゃないかなあ、と思いましたね、個人的には。

 

とはいえ、ファッションがメインテーマの映画だけあって、この映画に出てくる洋服たちは奇抜ですが美しく、非常に良かったと思います。

自分は自分が着るもの含め、洋服にはまったく興味が持てない人間なのですが(笑)、そんな自分でもさすがにこの映画に出てくる洋服の数々がおしゃれであることはわかりましたからね。

 

そんな感じで、自分にはちょっとハマらなかった作品でしたが、ファッションやイギリスのカルチャーに興味がある方はハマれると思いますので、是非!!!

 

関連記事はこちら↓

 

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com