ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数20万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

THE NEXT GENERETION パトレイバー1~7章 / 映画 パトレイバー 首都決戦 感想

こんにちは!

 

今回は「THE NEXT GENERETION パトレイバー1~7章 / 映画 パトレイバー 首都決戦」の感想です。

 

 

あらすじはこんな感じ↓

 世紀末、レイバーと呼ばれる人間型ロボットの急速な普及に伴う犯罪に備え、警視庁は、警察用レイバーを擁する
特車二課パトレイバー中隊を設立した。そして現在、レイバー衰退と共に解隊に瀕した特車二課の面前に、最新鋭の戦闘ヘリを
自衛隊から強奪して、首都1,000万人を人質にしたテロリスト集団が現れる。機関砲、対地ロケット、ミサイルで完全武装をした上に、
最新の熱光学迷彩を身にまとった“見えない戦闘ヘリ"グレイゴーストは、レインボーブリッジへの攻撃を皮切りに、上空500メートルに潜み、
首都を蹂躙していく。警察最後の砦となった特車二課は、テロリストの暴挙を止めることができるのか!? そして、テロリストの目的とは?
いま、それぞれの守るべきものを賭けて、旧型警察ロボと最新鋭自衛隊ヘリの戦いの火蓋が切って落とされる―。

 

https://www.amazon.co.jp/dp/B00ZZPCMQU?tag=hatena-22&linkCode=osi&th=1&psc=1 2020/9/28閲覧

 

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

うーん。

なんというか、ファン向けに振り切った作品でしたね。

新規客を取り込むのではなく、今までのファンに向けて作った作品と言うか。

(もしこれに食いつく新規客がいるとすれば、特撮好きですかね笑

なんとなく本作は「ウルトラQ」的な空気を感じました)

 

アニメ版パトレイバーの続編でもあり、リメイクでもあり、リブートでもあり。

実写だからこそできた部分もあり。

 

うーん、判断に迷います。

 

とりあえず、アニメでも実写でもシバシゲオを演じた声優・千葉繁さんには、二次元と三次元の壁を超える魔法がかかっていた気がします(笑)

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

 

一番微妙だったのが今回の主要キャラクター達。

名前も正確も、アニメ版のオマージュに満ちています。

ここがねえ、全然新規客取り込む気がねえな、と(笑)

あと、ありえねーっていう(笑)

 

   

 

たまたま同じような名前で、同じような年齢で、同じような性格のやつらが何人も集結するってどんだけ天文学的な確率なんでしょうか(笑)

 

またストーリーも半分くらいはアニメ版のリメイクというか実写化というか焼き直しというか。

これを懐古趣味ととるか、ファンサービスと取るかで本作の評価はだいぶ変わってきそうですね。

 

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

「首都決戦」もなあ・・・。

「ああ、パト2ですね」としか言いようがないというかなんというか(笑)

 

だって、完全に「パト2」ですしね(笑)

 

どんだけそのテーマ好きなんすか、押井さん。

初期OVAでやり、劇場版2でやり、実写でもやり。

 

まあなんというか、面白かったっちゃ面白かったですが、パトレイバーの原作者集団・ヘッドギアの方々が「これはパトレイバーじゃない」と言ったのもなんとなくわかる気がします。

 

まあでも、爆弾の話は素直に面白かったです。

ザ・アニメな落ち含め。

こういうので良いんですよ、パトレイバーは。

 

関連記事はこちら↓

 

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com