ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数20万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

古き良きOVA 「BURN UP / BURN UP W BURN UP SCRAMBLE」 感想

こんにちは!

 

今回は「BURN UP」シリーズの感想です。

 

 

 

 

BURN-UP

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

すべての始まりとなるOVAシリーズ。

発売が1991年と、今から約30年近く前の作品。

それゆえ、古臭さがすごいです(笑)

ただ、決してそれはネガティブな意味ではないのです。

「古臭い」というのは今からみた感想であって、その当時は「最先端」だったわけです(たぶん・・・)。

だからこそ、「当時(30年前のアニメ界隈)こんなものが流行っていたんだなあ・・・」と知ることができ、非常に興味深いです。

 

 

・BURN UP W

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

1996年の作品。

このノリ、懐かしいですねえ。

この時代の空気感、かろうじてなんとなくかすかにおぼろげに(笑)覚えている気がするんですが、その感じがギュッと詰まっています。

「時代を経ても風化しない作品」とはマギャクだからこその味わいです。

 

ちなみに全4話の中で一番「当時感」が強いのが、第2話です(笑)

THIS IS お色気って感じで素敵です(笑)

 

BURN-UP SCRAMBLE

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

発売は2004年。

遂に21世紀に入りましたね(笑)

時代が近付いてきたからか、今の目でみると若干(若干ですが笑)洗練された感じがするのは気のせいでしょうか(笑)

それか本作はテレビアニメ(上記二つはOVA作品)なので、割と一般向けにチューンアップされているのかも、しれません。

 

   

 

全12話の中で一番好きなのは8話ですね。

タイトルからして「大銀河からの超メッセージ」(おそらく元ネタは「宇宙からのメッセージ」)ですから、特撮作品のパロディに満ち溢れています。

好き(笑)

 

関連記事はこちら↓

 

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com