ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数62万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

機動戦士ガンダム0080  ポケットの中の戦争 感想

こんにちは!

 

今回は 「機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争」の感想です。

 

 

あらすじはこんな感じ↓

 

 

一年戦争末期、地球連邦軍が新型ガンダムを開発しているという情報を掴んだジオン公国軍の特殊部隊「サイクロプス隊」は、機体を奪取すべく北極の連邦軍基地を襲撃する。しかし作戦は失敗し、目標物は宇宙へ飛び立ってしまう。

連邦にもジオンにも与しない中立コロニーである、サイド6のコロニー「リボー」に住む小学生アルフレッド・イズルハ(アル)は、父との面会の為、コロニーの宇宙港に赴いていた。アルは同級生との約束で連邦軍のMSを探索していたところ、偶然、北極から運ばれてきたコンテナを撮影するが、MSを撮影することは出来なかった。約束を果たせず落胆したアルだったが、幼馴染みで隣人のクリスチーナ・マッケンジーと再会する。

運び込まれたコンテナの中身は新型ガンダムの「ガンダムNT-1」だった。この情報はジオンにも伝わり、新型ガンダムがリボーへ運び込まれたと知ったジオン軍サイクロプス隊をそこへ送り込み、奪取を果たすべく「ルビコン計画」を発動する。

ある日アルは、リボーに侵入したザク改が被弾してコロニー内の森へ墜落したのを目撃し、友人たちの制止を振り切って現場に駆け付ける。森の中で擱座したザクを撮影していたところ、そのパイロットでジオン兵のバーナード・ワイズマンバーニィ)と出会う。

 

 

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

ガンダムOVAの中でも名作と名高い「ポケットの中の戦争」、通称「ポケ戦」。

その評判に恥じない、非常に面白い作品でした!

(余談ですが、うちの地元ではポケモンセンターのことを「ポケセン」と呼んでいました笑)

 

今回は二つの面からこの作品を語ってみたいと思います!

 

   

 

・戦争ものとして

 

TVシリーズガンダムが「戦争のど真ん中」にいる人を描いたものだとするならば、この「ポケ戦」は「戦争の末端」にいる人たちの話、という気がしましたね。

市民生活の中における戦争と言うか。

 

この物語のキャラクター達にとっての戦争というのは、そこまで関心のどまん中にある、というわけではないと思うんですよね。

でもそういう感じが逆にリアルと言うか。

 

僕たちが「海外で戦争が起きています」というニュースをみている時の感覚に近いというか。

 

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

そういう状況の中で、戦争を「カッコイイもの」と捉えている少年(ラストの同級生の台詞のように捉えていたのでしょう彼も)が、一人の兵士と出会い、親睦を深め、そしてその兵士の死を体験することで、戦争というものの悲惨さ、恐ろしさ、残酷さを知る、というお話だったんじゃないかな、と。

 

こう書くと何やら暗く、ダークな印象を受けるかもしれませんが、本編の雰囲気はけっこうさわやかというか、あっけからかんとしているというか、ジュブナイルもののような雰囲気です。

 

 

ガンダムシリーズとして

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

個人的に「宇宙世紀」のガンダムはあんまり得意じゃないです。

何故かと言うと設定が凝りすぎていてよくわからないから。

誰が敵で誰が味方とか、モビルスーツがどうたらこうたらとか、わっかんねえ!ってなるです(笑)

 

それに対してこの作品は、人間ドラマが基本ですし、舞台も基本同じ場所なので、ガンダムを全然知らない自分でもしっかりと楽しむことが出来ました!

 

そこもすごく良かったですね。

一応ザクとガンダムは出てきますが、よく知っているザク&ガンダムと微妙にデザインが異なっていてそこは外伝感があって良かった!

(おそらくこのザク&ガンダムにも細かい設定があるでしょうけどね)

 

 

全6話でちょうど良い長さですし、ガンダム入門編としても良いのではないでしょうかね!!

 

おすすめです!!

 

関連記事はこちら↓

 

 

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com

 

 

rimokongetao.hatenablog.com