ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数62万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

完全に綾波レイじゃないか! 壁井ユカコ作「カスタムチャイルド 罪と罰」 感想

こんにちは!

 

今回は壁井ユカコ作「カスタムチャイルド 罪と罰」の感想です。

 

 

あらすじ↓

金髪碧眼の至高の美少年ながら母に遺棄された過去を持ち、“犯罪者の遺伝子”に傾倒する春野。父が愛好するアニメキャラクターの実体化として作られた少女レイ。遺伝子操作を拒絶するカルト狂信者の両親を持つ“遺伝子貧乏”清田──16歳の夏、予備校の夏期講習で出会った3人は、反発しあい傷つけあいながらもかけがいのない友情を築いていく。 遺伝子工学分野のみが極端に発展し、子どもの容姿の“デザイン”が可能になった仮想現代を舞台に、社会によって歪められた少年少女の屈折や友情を描く、著者渾身の長編青春小説。

 

https://www.amazon.co.jp/dp/B00KIG3POE?tag=hatena-22&linkCode=osi&th=1&psc=1 2022/5/12閲覧

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

遺伝子操作が極端に進化した世界。

そこでは貧富の差が拡大し、格差が歴然となった世界。

そんな世界を舞台にした三人の少年少女のお話です。

 

いやあ、良かった!

面白かった!!!

内容やキャラクター造形、書きぶりからしてアニメ・漫画の文脈が感じられ、良かったですねえ。

 

中でも面白かったのが、冬上レイという少女。

彼女は父親によってアルルビとして設定され、あきらかにロリコンの父親によって歪められた生活を送っている。

アダルトチルドレンな父親によって依存の対象とされている。

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

この子がね、完全にエヴァンゲリオン綾波レイなんですよ(笑)

包帯やら人造的なキャラやらぶっきらぼうな話し方やら、すべてが「ああ、これは完全に綾波レイですね」となる。

もちろん父親がアニメ・フィギュアゆえの造形だとは思うのですが、あまりにもまんますぎて笑ってしまった、というおはなしでした。

 

関連記事はこちら↓

 

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com